• トップからの
    メッセージ

上田社長からのメッセージ

働くママにやさしい社会を作りたい~ 
一件一件心をこめて

上田社長

少子高齢化が進展し、今後ますます女性の労働力が必要となる時代を迎えていますが、女性が結婚、出産をして、仕事を持ち続けるための環境は整いつつあるものの、まだまだ足りない部分があると思います。

都市部を中心に希望の保育所へ入所しにくいこと、子どもが急に発熱した際などに預けるところがまだまだ足りないこと、学童保育が終わったあと、子どもだけで過ごすのが心配なこと、夫は年々協力的になってきているけれど、家事・育児は依然として母親が多く担っていることなど。このような状況の中、ワーキングマザーは時間に追われながら一生懸命自分らしいワーク・ライフ・バランスの実現のために、努力しているのが現状です。

1994年7月、ワーキングマザーが仕事と家事・子育ての両立を応援するため、「キャリアと家庭」両立をめざす会を設立しました。会の活動の中で、「悩んでいるのは自分だけじゃない」と知ることで元気になっていくワーキングマザーの姿を多く見てきました。

1994年7月、ワーキングマザーが仕事と家事・子育ての両立を応援するため、「キャリアと家庭」両立をめざす会を設立しました。会の活動の中で、「悩んでいるのは自分だけじゃない」と知ることで元気になっていくワーキングマザーの姿を多く見てきました。

また、この会を設立してから7年の間に、約2万件の切実な悩みが寄せられました。特に困っていたのは、子どもが急に発熱した時に預け先がないことであり、そんな時に自宅に安心できるスタッフを派遣してくれるサービスがあれば、仕事を続けやすいのに、と強く感じました。

2001年8月、17年間勤めた企業を思いきって退職し、ワーキングマザーの総合支援会社であるマザーネットを創業いたしました。子どもが急に病気になった時に、ケアリストと呼ぶスタッフを自宅に派遣するサービスを大阪で始めましたが、「私の住むところでもお願いしたい」という声が全国から届き、2003年に東京支社、2004年に長野支社、2005年に福岡支社をオープン。サービスエリアは広がりつつあります。

創業して18年目。企業において制度は整いつつありますが、働くお母さんからの相談は減ることがありません。出産前と同じように仕事を任せられるようになったけれど、ハードな仕事と育児との両立の中で、つぶれてしまう方もいます。また、出産年齢の高齢化により、育児と介護の両方を担う人も増えつつあります。これからも、働くお母さんたちの心のよりどころとして、一人一人の悩みや声をしっかりと受け止めて参ります。

夢は、マザーネットがいらなくなる社会の実現です。企業においては、赤ちゃんや小さなお子さんのいる女性が今までと同じように活躍し、行政では病児保育のサービスが充実し・・・。
その日がくるまで、一件一件心をこめて、サービスをしていきたいと思っています。

株式会社 マザーネット
代表取締役 上田理恵子

プロフィール

上田 理恵子(うえだ りえこ)
株式会社マザーネット 代表取締役社長

略歴

1961年12月 鳥取県米子市生まれ
1984年3月 大阪市立大学生活科学部被服学科卒業
1984年4月 ダイキン工業株式会社入社
業務用食器洗浄機の開発や、新規事業開発に従事 社内ベンチャー制度の評価委員も兼務
1994年7月 「『キャリアと家庭』両立をめざす会」設立
2001年8月 ワーキングマザー向け月刊情報誌「Career&Family」創刊
2001年8月 ダイキン工業株式会社退社
2001年8月 株式会社マザーネット創業。家庭に「ケアリスト」と呼ばれるスタッフを派遣し、家事・育児の細かいニーズに応えるサービスを開始
2003年7月 関東地区の要請に応え東京支社開設
2004年10月 長野地区の要請に応え、長野支社開設
2005年8月 福岡地区の要請に応え、福岡支社開設
2010年4月 福岡地区の要請に応え、福岡支社開設
2015年3月 甲南女子大学人間科学部特任准教授退任
2016年4月 追手門学院大学客員教授に就任
17年間勤務した会社を退職し、仕事と家事・子育ての両立に悩んだ自身の体験を生かしてワーキングマザーを総合的に支援する会社「マザーネット」を設立。働く母親が本当に困ったときに役立つサービスをめざし、家事・育児を代行し、急な子どもの発熱や残業時にも対応するケアリスト派遣業務を中心に、保活コンシェルジュサービスや、育児休暇復帰セミナー、長期休み中の子どもの自然体験スクールの開催、月刊情報誌の発行など、ワーキングマザーを総合的に支援する事業をきめ細かく展開している。大阪府子ども施策審議会委員、鳥取県県政顧問、関西経済同友会「人生100年時代委員会」委員長代行など、様々な場面でワーキングマザーの声を伝えている。25才の長男はフランスで「食育」について、24才の次男は「男性保育士」について、それぞれ大学院で研究中。

著書

「働くママに効く心のビタミン」(日経BP社)

受賞歴

2003年 大阪市きらめき賞(個人)、大阪府女性基金プリムラ奨励賞(個人)を受賞
2006年 第一回にっけい子育て支援大賞を受賞
2007年 女性のチャレンジ支援賞(内閣府・男女共同参画担当大臣賞)
大阪市きらめき企業賞
2010年 関西財界セミナー賞2010輝く女性賞
2015年 経済産業省中小企業庁 がんばる中小企業・小規模事業者300社

資格

2級建築士、インテリアコーディネーター、消費生活アドバイザー、一般旅行取扱主任者、国内旅行取扱主任者、 フラワーデザイナー3級などの専門知識をサービスに活かしている。

CONTACT

株式会社マザーネット
大阪本社 06-6889-2118
(関西及び、下記以外のエリア)
東京支社 03-3796-7188(関東)
長野支社 0266-52-2228(長野)
福岡支社 092-732-6648(九州)
受付時間 平日 9:00~18:00
インターネットからのお問い合わせは「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせ
個人のお客様
法人のお客様
ケアリスト募集
会社情報

マザーネットの大切なこと

会員マイページ